LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
オヒサシブリネ。
★ヒトリゴト★ / しほ
みなさまお久しぶりです。
1ヶ月ぶりのブログ。
パスワードを忘れてログイン出来ずに焦りました。

APUの皆様、テストにレポートにお疲れ様デス。

Chicagoは最近、ホントに暑いです。
ってか!!!Chicagoに来て3ヶ月たったよww
アメリカの他の都市に行ったコトがないから比較の対象がありませんが
Chicagoダイスキよww

交通が発展してる。(車なしでヨユー)
夏になれば毎週末イベントやらフェスティバルやら(ほとんど無料ww)
人が優しい(ホストもいい人だったしねww)
都会だけど、ちょっと歩けばビーチww(でも湖。)
おいしいレストランたくさん(で、太った)

最近、ケイスケ氏の「肥えたな・・・」発言から
そろそろ帰国に備えてのダイエットを・・長期計画で。

さてさて。。。

最近、愛する福山様の「笑っていい●も」の
テレホンショッキングの映像を見ました。

カナダにいるミツノリとスカイプで話しました。

もーすぐカナダにいくやっちゃんと
日本の男と外国の男についてメッセで熱く語りました。

ミツワ(日系デパート)に行って日本食と日本の漫画をGetしました。

何が言いたいかって・・・

世界は狭くなったもんだって。

だってさ、ネットさえあればすぐに
日本のテレビ見れて新曲聴けて、日本の友達と連絡取れて。。。

日本食食べて、日本の本読んで。

アメリカでもこんなん可能よ。日本人が少ないシカゴも。

確実に世界は狭くなってる。

アメリカにいたって今何がAPUで起こってるのかなんて
リアルタイムでわかるもん。

最近読んだ本に、今の時代カルチャーショックっていうものが
なくなってるって書いてあった。
台湾、韓国、タイとかの若者は日本の漫画、雑誌、ファッションっていう
サブカルチャーに囲まれて成長している。
だから、いくら外国とはいえ想像が出来るらしい。

だから、日本人が外国に行って
友達になりやすいのは、韓国人とか台湾人なんだろーね。
話題を共有するコトが出来るから。
いくら歴史的なものがあるとは言え、時代は変わってるし。

確かに・・・私もアメリカに来て
大してカルチャーショックってなかったな。
「あぁー日本と違うなぁ」って思っても
ある程度日本で知ってたから
日本で得た知識を確認するみたいな感じだったし。

最初はアメリカに行くなんて自分にはすごい大きな決断で
アメリカはすごくすごく遠い国だったけど
今は昔ほどはそうは思わない。

世界は狭い。。。。思った以上に。

色んな情報が世界中であふれて、
そこに国と国の境界は確実になくなってる。
これがボーダレス社会なのか・・・

そう思った時に、日本という狭い視野で考えていた自分に気づく。
日本という境界に囚われてたコトに。

さぁー将来私はどぉしよ。

何がしたいのかな。。。何が出来るのか。

頭の中をグルグル・・・あぁもぉ今年ハタチ。

| comments(3) | - |
pagetop
<< 6月27日。 | main | 夏ダネ8月ダネ。 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop
なかなか興味深いことを書いてるね。確かに、昔から日本でも外国人の成人向けビデオとかいっぱいあるもんね!世界は広いんだか、狭いんだか、、、まぁ真面目な話、世界観が広がるって経験はそこに行った人しか得られないわけだから帰ってきたときに貴重な財産になると思う。あと残された時間を増量をメインに頑張ってくれたまえ!
GENTA (2006/07/27 10:32 AM)
すごいね。。。読みながら納得してました!!!
私ももぉすぐ。。。シホと一緒の国に行くんだねぇぇ★なんか親近感★そして安心している私。実際遠いのに、不思議★私もシホみたいにいっぱいいろんなこと考えていろんな人と友達になって成長したいな★私日本でシホに会えるのほんと楽しみなん♪わくわくする★だってあと1年もしないうちにだよ★きゃぁぁ★
Maki (2006/07/27 2:16 PM)
もうハタチって言うな。
もう25。←これ正しい使い方。
肥えたね、って結構クル言葉やね。
長期で頑張ったほうがいい(切実)
yuco (2006/07/27 9:48 PM)










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--